• 本

続揺 禁裏付雅帳 9

徳間文庫 う9−57 徳間時代小説文庫

出版社名 徳間書店
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-19-894507-7
4-19-894507-1
税込価格 726円
頁数・縦 308P 15cm

商品内容

要旨

禁裏付役屋敷に押し込み捕縛された南條蔵人は、身柄を京都所司代に移された。二条大納言に動揺が走る。彼を裏で操っていたことが露見すると禁裏での立場が危うくなるからだ。家宰に蔵人奪還を命じるが、朝廷の弱みを握りたい老中松平越中守は動きを察知し、対抗策をとる―。朝幕の政争が激化しきな臭さは増すばかり。そんな中、禁裏付の東城鷹矢は驚きの一手を打った。その真意とは!?

おすすめコメント

誘拐された許嫁を敵の魔手から奪還した鷹矢だったが、さらなる試練が襲い掛かる。大人気シリーズ、待望の第9弾!

著者紹介

上田 秀人 (ウエダ ヒデト)  
1959年大阪府生まれ。97年に「身代わり吉右衛門」で桃園書房主催第20回小説クラブ新人賞佳作、2010年に単行本『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で中山義秀文学賞を受賞。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)