• 本

阪急電鉄殺人事件 長編推理小説

NON NOVEL 1047 十津川警部シリーズ

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-396-21047-2
4-396-21047-7
税込価格 968円
頁数・縦 230P 18cm

商品内容

要旨

阪急梅田駅では、神戸・宝塚・京都の三本線の列車が同時に発車する。写真家菊地が撮影に来た夜、旧友の木内えりかが六甲駅ホームから転落、死亡した。遺体からは睡眠薬が検出、殺人だった。被害者が自費出版を進めていたと判明した矢先、新たな殺人が!えりかの祖父宏栄は、戦中の阪急顧問弁護士で、社長の小林一三や吉田茂、石原莞爾と交流。大戦末期に和平を訴えて政府を批判し、獄死していた。未刊の本は宏栄についてのものと思われ、十津川はこれこそ事件解決の鍵と睨むが、捜査は思惑を超え、難航した…。

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
東京陸軍幼年学校の一年生として終戦を迎えた著者は、戦争への思いを語り継ぐ意欲がますます盛んである。昭和38年「歪んだ朝」でオール讀物推理小説新人賞、40年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞、56年に『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、他にも日本映画テレビプロデューサー協会エランドール賞特別賞、日本ミステリー文学大賞、長谷川伸賞など数多くの賞を受賞。令和元年は第四回吉川英治文庫賞に輝いた。昭和5年、東京生まれ。神奈川県湯河原町の西村京太郎記念館での読者交流も積極的に行なう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)