• 本

迅雷

祥伝社文庫 と8−59 介錯人・父子斬日譚 2

出版社名 祥伝社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-396-34573-0
4-396-34573-9
税込価格 704円
頁数・縦 271P 16cm

商品内容

要旨

竹刀稽古が人気を博す時代、頑なに居合を究めんとする道場主狩谷桑兵衛は、糊口を凌ぐため上州安中・松崎藩の介錯を務める。すると同藩の江戸家老から、上役を斬って国許から出奔した藩士先崎弥五郎らを捕えてほしいと依頼が入った。大上段から脳天を斬り割る秘剣・稲妻落としを打ち破るべく、嫡男の唐十郎、師範代本間弥次郎との鍛錬の日々が始まった。

著者紹介

鳥羽 亮 (トバ リョウ)  
1946年、埼玉県生まれ。埼玉大学教育学部卒業後、教員生活を送る。90年『剣の道殺人事件』で江戸川乱歩賞を受賞。骨太の時代小説で人気を博す。著作は三〇〇冊を突破(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)