• 本

知らないと後悔する定年後の働き方

Forest 2545 Shinsyo 135

出版社名 フォレスト出版
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-86680-804-8
4-86680-804-7
税込価格 990円
頁数・縦 310P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

年金と貯金だけでは40年生きられない!人手不足の今経験豊富なシニアが活躍できる場はいくらでもある!あなたのキャリアはお金に変わる!55歳からはじめるサラリーマンの出口戦略。キャリアチェンジの成功事例を多数収録。

目次

第1章 国も企業もあなたの面倒を最後まで見てくれません!(終身雇用制度がなくなる日
ますます遅くなる年金支給の開始時期 ほか)
第2章 定年後の生活レベルは60歳までのすごし方ですべてが決まる(「必要とされていない感」を抱えて何十年も生きますか?
定年後の時間の使い方が下流老人化を防ぐ ほか)
第3章 「働けるうちは働く」ためのセルフ意識改革(自分のOS(ポータブルスキル)を意識する
3つのポータブルスキルを「見える化」しておこう ほか)
第4章 「働けるうちは働く人」になるためのキャリアデザイン術(絶対必要なキャリアの「棚卸し」と「キャリアデザインマップ」
キャリアの方向性を見定めることが重要 ほか)
第5章 あなたのキャリア&スキルをお金に変えるための具体的な方法(サラリーマン時代にマネタイズの予行演習をしておこう
いよいよマネタイズの本番へ―まずは今の会社をクライアントとすることを考える ほか)

おすすめコメント

シニアサラリーマンが人生100年時代を「稼いで生き残る」ためのキャリアデザイン術!「限界に達しつつある終身雇用制」「ますます先送り&減額される年金」、そして「老後2000万円不足問題」など、50代以降のシニアサラリーマンを取り巻く状況は年々きびしくなっています。「定年退職後の40年をどう生きるか」を不安に感じている方も多いでしょう。本書は、これまで多くのシニアサラリーマンのセカンドキャリアを支援してきた人事のプロフェッショナルが、「定年後の長い老後を生き残るには、何から始めればいいのか」「働けるうちは働き続ける(稼ぎ続ける)ためには今からどんな準備をしていけばいいのか」という実践的で具体的な働き方の処方箋(キャリア&スキルの棚卸しとマネタイズの方法)を豊富な事例とともに提供します。

著者紹介

木村 勝 (キムラ マサル)  
中高年専門ライフデザイン・アドバイザー(ビューティフル・エージング協会認定)、電気通信大学特任講師、行政書士、人事総務インディペンデント・コントラクター、心理相談員(中央労働災害防止協会認定)。1961年生まれ、一橋大学社会学部卒。1984年、日産自動車に入社、人事畑を25年間歩み続ける。2006年、社命により日産自動車を退職し、全員が人事のプロ集団という関連会社に転籍。中高年キャリア支援部門の部長として中高年のセカンドキャリア支援業務(出向・転籍・転職など)に従事。2014年に独立し、人事業務請負の「リスタートサポート木村勝事務所」を開設。独立後の現在も特定の人材紹介会社に所属することなく、ニュートラルな立場で中高年サラリーマンのキャリアの悩みに対して個人面談やセミナーなどを通じて支援している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)