• 本

ながぐつをはいたねこ

はじめての世界名作えほん 54

出版社名 ポプラ社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-591-16330-6
4-591-16330-X
税込価格 385円
頁数・縦 28P 18×19cm

著者紹介

中脇 初枝 (ナカワキ ハツエ)  
1974年徳島県生まれ、高知県育ち。筑波大学で民俗学を学ぶ。高校在学中の1991年に『魚のように』で坊っちゃん文学賞を受賞し、17歳でデビュー。2012年『きみはいい子』で坪田譲治文学賞を受賞、同作品は映画化された。創作の傍ら昔話の語りを行い、昔話絵本『ちゃあちゃんのむかしばなし』(産経児童出版文化賞JR賞)などがある
高野 登 (タカノ ノボル)  
1952年埼玉県に生まれる。森やすじ氏にあこがれてアニメーション界に入り、虫プロダクション、日本アニメーションを経てフリーに
門野 真理子 (カドノ マリコ)  
1957年、岡山県生まれ。1976年サンリオフィルムに入社。1977年よりフリーに。1979年にアニメーション長編映画『がんばれ!!タブチくん!!』で美術監督を務める。以降、アニメーションの映画TV等で、背景、美術として携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)