• 本

死にたくない 一億総終活時代の人生観

角川新書 K−285

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-04-082312-6
4-04-082312-5
税込価格 924円
頁数・縦 200P 18cm

商品内容

要旨

「現代の自由人」こと蛭子能収さん(71歳)は終活とどう向き合っているのか。自身の「総決算」として、これまで真面目に考えてこなかった「老い」「家族」「死」の問題について、今、正面から取り掛かる!

目次

第1章 僕に残された時間はあと10年(流れ星を見て「死にたくない」と恐怖したあの日
え、あと10年しか生きられないの? ほか)
第2章 死に向き合ったことがない(死に向き合ったことがない
軽度認知障害と診断された ほか)
第3章 それでも、死んだら負け(あの日僕は無理やり女の子を殴らされた
暴力は弱い者が必ず犠牲になる ほか)
第4章 そして、終活は終わっていた(いまの自分の姿を冷静に振り返る
遺言書に書いたことは忘れていい ほか)

おすすめコメント

どうせ長生きするんだ――自由に生きて何が悪い?「現代の自由人」こと蛭子能収さん(71歳)は終活とどう向き合っているのか。自身の「総決算」として、これまで真面目に考えてこなかった「老い」「家族」「死」の問題について、今、正面から取り掛かる!

著者紹介

蛭子 能収 (エビス ヨシカズ)  
1947年10月21日生まれ。長崎商業高校卒業後、看板店、ちりがみ交換、ダスキン配達などの職業を経て、33歳で漫画家に。俳優、タレントとしても活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)