• 本

どうしても生きてる

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-344-03516-4
4-344-03516-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 323P 20cm

商品内容

要旨

死んでしまいたい、と思うとき、そこに明確な理由はない。心は答え合わせなどできない。(『健やかな論理』)。家庭、仕事、夢、過去、現在、未来。どこに向かって立てば、生きることに対して後ろめたくなくいられるのだろう。(『流転』)。あなたが見下してバカにしているものが、私の命を引き延ばしている。(『七分二十四秒めへ』)。社会は変わるべきだけど、今の生活は変えられない。だから考えることをやめました。(『風が吹いたとて』)。尊敬する上司のSM動画が流出した。本当の痛みの在り処が映されているような気がした。(『そんなの痛いに決まってる』)。性別、容姿、家庭環境。生まれたときに引かされる籤は、どんな枝にも結べない。(『籤』)。現代の声なき声を掬いとり、ほのかな光を灯す至高の傑作。

おすすめコメント

祐布子が唯一安心感を得られるのは、死亡者のSNSアカウントを特定できた時だ。『健やかな論理』妻の妊娠を口実に夢を諦め、仕事に邁進する豊川。だが仕事に誇りを見出せず。『流転』派遣、契約、正社員、アルバイト。依里子はまず人の雇用形態を想像してしまう。『七分二十四秒目へ』異動後、痩せていく夫への心配と苛立ちを等分に抱えた由布子は、突如覚醒して。『風が吹いたとて』良大は妻の収入が自分のそれを上回った瞬間、妻に対しては勃起できなくなった。『そんなの痛いに決まってる』みのりはある夜夫と喧嘩になった。原因は、胎児の出生前診断をめぐる意見の相違。『籤』

著者紹介

朝井 リョウ (アサイ リョウ)  
1989年生まれ、岐阜県出身。2009年『桐島、部活やめるってよ』で第二二回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。『何者』で第一四八回直木賞、『世界地図の下書き』で第二九回坪田譲治文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)