• 本

菩薩 由来と信仰の歴史

講談社学術文庫 2583

出版社名 講談社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-06-517392-3
4-06-517392-2
税込価格 1,012円
頁数・縦 216P 15cm

商品内容

要旨

菩薩とは、自己中心の修行者ではなく仏の慈悲行を通して一切衆生を救おうとする修行者である。釈迦菩薩に始まり、大乗仏教の発展の中で、弥勒、観音、勢至など「十方世界」に多くの菩薩が修行につとめていると考えられるようになったという。二十以上におよぶ各尊の由来や役割、形像の特徴、日本への伝来と信仰の歴史を、写真や図版をまじえて解説。

目次

菩薩とはなにか
観音総論
観音各論
弥勒
文殊
普賢
虚空蔵
地蔵
その他の菩薩

おすすめコメント

観音、弥勒、地蔵、文殊・・・様々な姿を持った「悟りを求める人」。各尊の特徴と信仰の歴史を、図版をまじえて解説する仏教学入門。

著者紹介

速水 侑 (ハヤミ タスク)  
1936年、北海道生まれ。北海道大学文学部史学科卒業。専攻は日本仏教史。北海道大学助教授、東海大学教授等を経て、東海大学名誉教授。2015年、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)