• 本

黒船前夜 ロシア・アイヌ・日本の三国志 新書版

新書y 330

出版社名 洋泉社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8003-1746-9
4-8003-1746-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 477P 18cm
シリーズ名 黒船前夜

商品内容

要旨

名著『逝きし世の面影』の続編として刊行され、第37回大佛次郎賞を受賞した『黒船前夜』。異文化との接触で生じる食い違いなどエピソードに満ちた、まさに渡辺史学の達成点を示す待望の書が、遂に新書版となって再登場。日本を取り巻く国際情勢が激動する今だからこそ読みたい、日本人の必読書である!

目次

第1章 はんべんごろうの警告
第2章 シベリアの謝肉祭
第3章 日本を尋ねて
第4章 蝦夷大王の虚実
第5章 アイヌの天地
第6章 アイヌ叛き露使来る
第7章 幕府蝦夷地を直轄す
第8章 レザーノフの長崎来航
第9章 レザーノフの報復
第10章 ゴローヴニンの幽囚
エピローグ

著者紹介

渡辺 京二 (ワタナベ キョウジ)  
1930年京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。日本近代史家。河合文化教育研究所特別研究員。著書に『北一輝』(ちくま学芸文庫、毎日出版文化賞受賞)、『逝きし世の面影』(平凡社ライブラリー、和辻哲郎文化賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)