• 本

ウォーキングの科学 10歳若返る、本当に効果的な歩き方

ブルーバックス B−2113

出版社名 講談社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-06-517667-2
4-06-517667-0
税込価格 990円
頁数・縦 233P 18cm

商品内容

要旨

豊富な科学的エビデンスから、持久力、筋力の向上をもたらす歩き方、時間、頻度が導き出された!さらに、血圧、血糖値、コレステロールなどの生活習慣病指標を下げ、うつ病、認知症、がんなど、さまざまな病気に影響を与える炎症反応を抑える可能性や、不眠や関節痛の改善につながること、骨年齢の若返りも確認されている。忙しい人でも、運動嫌いの人でも、膝や腰が痛くても、リハビリ中でも応用できる、画期的な歩き方を徹底解説。生理学の研究から明らかになった、いつものウォーキングを劇的に変えるメソッド。

目次

第1章 体力とはなにか(実感、体力向上効果
体力とはなにか?
運動時のエネルギー源 ほか)
第2章 効果的なウォーキング「インターバル速歩」とは(体力向上はウォーキングで十分だった!
体力向上が加齢による症状を改善する
インターバル速歩と炎症反応を引き起こす遺伝子 ほか)
第3章 「インターバル速歩」をより効果的にする科学(インターバル速歩とサプリメント
インターバル速歩の後に乳製品を摂取すると…
「インターバル速歩+乳製品摂取」で、さらに驚きの効果が ほか)

おすすめコメント

手間もお金も不要で、誰でもすぐできるウォーキング。簡単なやり方なのに、さまざまな効果をもたらすことが、科学的に明らかに!

著者紹介

能勢 博 (ノセ ヒロシ)  
信州大学医学部特任教授。北アルプス医療センターあづみ病院非常勤医師、山梨県富士山科学研究所特別客員研究員を兼務。医学博士。1952年生まれ。1979年京都府立医科大学医学部医学科卒業。米国イェール大学、京都府立医科大学などを経て1995年信州大学医学部教授、2003年信州大学大学院医学研究科教授、2018年より現職。信州大学山岳科学総合研究所部門長、常念診療所長などを歴任。NPO法人熟年体育大学リサーチセンターで理事長・副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)