• 本

私日記 10

人生すべて道半ば

出版社名 海竜社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-7593-1688-9
4-7593-1688-4
税込価格 1,760円
頁数・縦 284P 19cm
シリーズ名 私日記

商品内容

要旨

2017年2月3日早朝、夫、三浦朱門氏は静かに旅立った。葬儀のミサで、神父は、「今日は朱門氏の魂の誕生日」だと言われ、「ハッピィ・バースデー」を合唱した。驚くほど明るく幸せな見送りだった。

目次

人生すべて道半ば(イスタンブールの夜の記憶
道楽としての整理
人生すべて道半ば
私の危険予感本能)
僕は間もなく死ぬよ(カモメの社会的順位
谷戸の沈黙
真っ直ぐに歩くと、海に落ちる
健康な病人)
客をしない家には、天使も来ない(忘れるための月日
忖度は悪か
悪書は必要
歴史的な些事
寝たまま農業)
祖国で死ぬ幸福(雨季
今年も今まで通り
祖国で死ぬ幸福
七年毎の休耕年
「死」は一人のもの)

著者紹介

曽野 綾子 (ソノ アヤコ)  
1931年、東京生まれ。54年、聖心女子大学英文科卒業。79年、ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。93年、恩賜賞・日本藝術院賞受賞。97年、海外邦人宣教者活動援助後援会代表として吉川英治文学賞ならびに読売国際協力賞を受賞。98年、財界賞特別賞を受賞。1995年12月から2005年6月まで日本財団会長を務める。日本藝術院会員。2012年まで海外邦人宣教者活動援助後援会代表。日本文藝家協会理事。2009年10月から2013年6月まで日本郵政株式会社社外取締役。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)