• 本

OVER 結果と向き合う勇気

出版社名 JBpress
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8470-9850-5
4-8470-9850-1
税込価格 1,595円
頁数・縦 238P 19cm

商品内容

要旨

電撃引退―“雑草魂”が枯れるとき、上原浩治は何と戦ったのか。貫いたプライドと折れた心。イチローさん、原辰徳さんがくれた心震える言葉、プロとしてのラストメッセージ。高橋由伸&松井稼頭央、同級生対談収録。

目次

第1章 引退―結果と向き合った日々(メジャーで引退する決意
直面した「決まらない」という現実
メジャーでやりたいのか?それとも ほか)
「同級生」対談×松井稼頭央「1年の中でもっともきつかったのはいつも…」
第2章 遅いストレートを打たせない―正解がない中で、やってきたこと(数字で勝負しない、という方法
「危ない」球をバッターが打てない理由
バッターの反応はどうやってずらすのか? ほか)
第3章 結果と経験。一軍と二軍―正解がない中でどうすべきか(「経験」へと踏み出す勇気1 僕はなぜ、浪人生からドラフト1位になれたのか?
「経験」へと踏み出す勇気2 実績や環境がない場所でも挑戦すべきか?
「経験」へと踏み出す勇気3 自信がなくて踏み出せないときにどうしたか? ほか)
「同級生」対談×高橋由伸「由伸が監督じゃなかったら、復帰はなかった」

おすすめコメント

突然の現役引退――。“雑草魂”が枯れるとき、上原浩治は何を思ったのか。日米で21年、数々の修羅場を乗り越え、「結果」と向き合ってきた男の最後。そこにあったプロフェッショナルとしての確かな信念。5月20日、読売ジャイアンツから引退を発表した上原浩治。日本球界で11年、メジャーリーグで9年。数々の栄光を手にしてきた。衝撃的だったジャイアンツデビュー年。20勝を挙げ、タイトルを総なめにした。WBC優勝。圧巻だった韓国戦のピッチングは世界中を驚かせた。ワールドシリーズ制覇。1年で87試合の力投は、地区シリーズのMVPをも手繰り寄せた。ジャイアンツ電撃復帰。クライマックスシリーズの山田哲人に見せた力投――。一方で、数々の挫折も経験した。度重なるケガ、敗戦処理、ポストシーズン三連続被弾……そして、最終年に味わった「二軍」生活。なぜ、引退を決断したのか。最後の2年を丁寧に振り返る。日々の葛藤から見えてくる、ピッチャーとしての在り方、プロフェッショナルとしての生き方。雑草魂の矜持と枯れた瞬間――同級生スペシャル対談2本収録。上原浩治×高橋由伸 「由伸が監督じゃなかったら、ジャイアンツ復帰はなかった」上原浩治×松井稼頭央 「1年でもっともつらい時期はシーズンでもキャンプでもなく……」発行:JBpress発売:ワニブックス

著者紹介

上原 浩治 (ウエハラ コウジ)  
1975年4月3日生まれ。大阪府出身。東海大仰星高校時代は外野手兼控え投手。1年浪人して大阪体育大学に入学し頭角を現す。大学3年時に日本代表に選ばれ、97年のインターコンチネンタルカップ決勝では、当時国際大会151連勝中だったキューバ相手に先発し、勝利投手となる。98年、ドラフト1位で読売ジャイアンツに入団。1年目に20勝4敗で最多勝、最優秀防御率、最多奪三振、最高勝率の投手4冠を達成。新人王と沢村賞も受賞する。2004年にアテネオリンピック日本代表に選ばれ銅メダル。06年にはWBC日本代表に選ばれ初代王者に貢献。07年にはジャイアンツの球団新記録となる32セーブをあげた。08年にFA宣言でメジャー挑戦を表明し、1月14日ボルチモア・オリオールズと契約。11年シーズン中にテキサス・レンジャーズへ移籍し、アメリカン・リーグ優勝に貢献。FAとなった2012年オフに、ボストン・レッドソックスと契約し、13年にはクローザーとしてワールドシリーズ制覇に貢献。リーグチャンピオンシップMVPぶに輝く。16年12月14日、シカゴ・カブスに入団。18年3月9日、10年ぶりに日本球界に復帰。読売ジャイアンツでプレーするも翌19年5月20日、現役引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)