• 本

民王

角川文庫 い105−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-04-108557-8
4-04-108557-8
税込価格 704円
頁数・縦 352P 15cm

商品内容

要旨

混迷する政局の中、熾烈な総裁選を勝ち抜いて内閣総理大臣に就任した与党民政党の政治家・武藤泰山。低迷にあえぐ支持率を上げようと意気込んだのも束の間、まさかの“事件”に巻き込まれ、国民に醜態をさらすことになる。その頃、泰山のバカ息子・翔にも異変が。夢か現か、新手のテロか。直面する国家の危機に、総理とバカ息子が挑む“笑撃”のサスペンス。彼らは果たして、日本の未来を救えるのか―。「笑撃」サスペンス!!

おすすめコメント

総理を狙った”笑撃”テロ!なぜ総理大臣は、突然、漢字が読めなくなったのか――? 「国家の危機」に挑む、総理大臣とそのバカ息子。波瀾万丈、報復絶倒の戦いがここに開幕! 解説・高橋一生(ドラマ「民王」貝原茂平役)

著者紹介

池井戸 潤 (イケイド ジュン)  
1963年岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒。98年『果つる底なき』で江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。2010年『鉄の骨』で吉川英治文学新人賞、11年『下町ロケット』で直木賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)