• 本

死刑囚の有限と無期囚の無限 精神科医・作家の死刑廃止論

出版社名 コールサック社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-86435-408-0
4-86435-408-1
税込価格 1,980円
頁数・縦 319P 19cm

商品内容

要旨

本書は、加賀乙彦氏の評論集の中から死刑囚と無期囚について、どのように考えているかを中心テーマにしている批評文を集め、またその基礎となった『死刑囚と無期囚の心理』からも主要な部分を収録し、さらに小説「宣告」からも死刑囚と精神科医との交流場面を描いた箇所を5章に再録している。この評論集は加賀氏の精神科医・長編小説家・クリスチャンとしての存在が生涯をかけて三位一体となって熟成されてくる構成になっている。

目次

1 刑死した友へ(『文学と狂気』(一九七一年)より
『虚妄としての戦後』(一九七四年)より
『死刑囚の記録』(一九八〇年)より)
2 『死刑囚と無期囚の心理』(一九七四年)より(拘禁反応の心因性
拘禁中の精神状態と行動についての心理学的研究)
3 『ある死刑囚との対話』(一九九〇年)より(「まえがき」より
書簡より
「あとがき」より)
4 文学・宗教から「死へのアプローチ」(『生と死と文学』(一九九六年)より
『科学と宗教と死』(二〇一二年)より)
5 小説『宣告』(一九七九年)より(「第二章 むこう側 1」より
「第五章 死者の舟 4」より
「第七章 裸の者 8・9」より)

著者紹介

加賀 乙彦 (カガ オトヒコ)  
作家、精神科医。1929年、東京生まれ。東京大学医学部卒業。東京拘置所医務技官を務めた後、フランスに留学し、パリ大学サンタンヌ病院とサンヴナン病院に勤務。帰国後、東京医科歯科大学助教授を経て、上智大学教授。日本芸術院会員、文化功労者。著書に『帰らざる夏』(谷崎潤一郎賞)、『宣告』(日本文学賞)、『永遠の都』(芸術選奨文部大臣賞)、『雲の都』(毎日出版文化賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)