• 本

もう泣かない電気毛布は裏切らない

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-532-17678-5
4-532-17678-6
税込価格 1,870円
頁数・縦 241P 19cm

商品内容

要旨

幼い息子の声、母乳の色、コンビニのおでん、蜜柑…日常の会話や風景が、かけがえのない顔をして光り出す。俳句甲子園世代の旗手、待望の初エッセイ集。

目次

第1章 ここもまた誰かの故郷氷水―夏(季節を感じとる力
全部やだ男 ほか)
第2章 檸檬切る記憶の輪郭はひかり―秋(寂しいと言って
沈黙の詩、静寂の世界 ほか)
第3章 負けてもいいよ私が蜜柑むいてあげる―冬(逢いたかったよ
私の働き方改革 ほか)
第4章 短めが好きマフラーも言の葉も―俳句(しづかなる水
じいんじいん ほか)
第5章 母乳ってたんぽぽの色雲は春―春(薄氷を踏んで
わたしの子規 ほか)

著者紹介

神野 紗希 (コウノ サキ)  
俳人。1983年、愛媛県松山市生まれ。高校時代、俳句甲子園をきっかけに俳句を始める。2002年、第一回芝不器男俳句新人賞坪内稔典奨励賞受賞。NHK‐BS「俳句王国」司会、Eテレ「俳句さく咲く!」選者などを務める。お茶の水女子大学大学院博士後期課程修了。2018年、『日めくり子規・漱石 俳句でめぐる365日』で第三十四回愛媛出版文化賞大賞受賞。現代俳句協会青年部長。明治大学・聖心女子大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)