• 本

最新航空事業論 エアライン・ビジネスの未来像

第3版

出版社名 日本評論社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-535-55948-6
4-535-55948-1
税込価格 2,860円
頁数・縦 207P 21cm
シリーズ名 最新航空事業論

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

航空の“輸送”と“製造”、2つの領域を1冊でカバーした画期的な「航空事業の教科書」。世界55か国を旅した航空の研究者が、航空の未来、歴史の真実、最強の経営理論、LCC、ジョイントベンチャー、航空安全、空港、さらに“就活成功のヒント”まで全てを網羅。

目次

航空の未来
航空の歴史
航空会社のビジネスとは
LCC(格安航空会社)
レベニュー・マネジメント―最強の経営理論
アライアンスからジョイントベンチャーへ
規制緩和とオープンスカイ政策
航空機製造産業
航空安全
空港
国際航空法
米国チャプター11(連邦破産法第11章)
航空管制
就活成功のヒント

著者紹介

井上 泰日子 (イノウエ ヤスヒコ)  
獨協大学特任教授、著述家、旅行家。京都大学卒業。在学中京都大学留学生友の会会長として外国人留学生の支援、交流活動を行なう。東京工業大学社会人教育院MOT修了(2012年)。1974年日本航空入社。マーケティング、宣伝、広報、グループ企業経営管理、人事等に従事。米国ワシントンDC、ニューヨーク、シンガポールに合計10年間駐在。2010年に人事部研究開発室部長を経て日本航空退社。ニューヨーク本社のJapan Network Group上級副社長、金城学院大学客員教授等を歴任。講義実績のある大学は、(現在継続中の大学も含め)早稲田大学、青山学院大学、東京大学、立教大学、東京都市大学、立命館アジア太平洋大学など。専門は、航空事業、キャリア教育、ツーリズム、マネジメント等。数年間にわたり合計1000人を超える学生の個別面談を実施し就職活動や学業についての指導を行った。海外55か国を訪問。日本旅行作家協会会員、進化経済学会会員。父方の家系は徳富蘇峰、徳富蘆花の血縁(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)