• 本

破滅の刑死者 2

内閣情報調査室CIRO−S第四班

メディアワークス文庫 ふ5−2

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-04-912815-4
4-04-912815-2
税込価格 671円
頁数・縦 263P 15cm
シリーズ名 破滅の刑死者

商品内容

要旨

“普通じゃない”事件を扱う極秘裏な特務捜査機関CIRO‐S。消えた国家機密ファイルを巡り、命懸けの捜査線から無事生還した雙ヶ岡珠子と戻橋トウヤは、その功績から揃って捜査官として仮採用される。次の任務は、ある大学の同一教室で起こる「連続不審死事件」の潜入捜査。不可解な死因。物証もゼロ。接点のない三人の被害者…。捜査は手詰まりに見えたが、トウヤは“象牙の塔”に潜む悪魔の気配を感じ取り―命知らずなやり方で核心に迫る一方、珠子の身に危機が―!

おすすめコメント

1巻即重版&話題沸騰中!全てが規格外のサスペンス・ミステリ第2巻!内調に極秘裏に存在する「普通じゃない」事件を扱う捜査部門CIRO−S。消えた国家機密ファイルを巡る怪事件の功績で、正式な捜査官となった珠子とトウヤ。ある大学で起こる「連続不審死」の潜入捜査にあたるが…

著者紹介

吹井 賢 (フクイ ケン)  
大学院在学中に応募した『破滅の刑死者』で、第25回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)