• 本

これでいいのか長崎県

地域批評シリーズ 41

出版社名 マイクロマガジン社
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-89637-931-0
4-89637-931-4
税込価格 1,078円
頁数・縦 319P 15cm

商品内容

要旨

長崎県の一般的なイメージは、ハイカラ、明るい、開放的などなど。ポジティブなものがほとんどで、ネガティブな印象はない。だが、実際には問題が山積している。県都・長崎市や離島は深刻な人口減に悩まされ、地域活性化の起爆剤として期待されている長崎新幹線の整備もグダグダ。諌早の干拓問題では揺れまくり、対馬は国際問題で大変なことになっている。外面はイケているのに、内面は相当ヤバい長崎県の行く末やいかに!

目次

第1章 日本の枠に収まらない!?長崎県の歴史
第2章 長崎県ってどんなトコ?
第3章 観光で期待膨らむ長崎と周辺地域の実態
第4章 歴史と過去の呪縛にとらわれた県央&島原
第5章 佐世保の独走に県北が振り回される!?
第6章 多様な人の行き来で悩む!?対馬・壱岐・五島列島
第7章 バラバラ状態はもう終わり!長崎県に飛躍の刻が来た!!

おすすめコメント

観光県としてイメージが良い長崎県だが、県内は深刻な問題だらけ。外面はいいのに内面は相当ヤバイ長崎県の行く末を探る。

著者紹介

鈴木 士郎 (スズキ シロウ)  
1975年東京都生まれ。編集者、ライター。地域批評シリーズに創刊時よりスタッフとして参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)