• 本

真理

現代哲学のキーコンセプト

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-00-061374-3
4-00-061374-X
税込価格 2,750円
頁数・縦 235P 21cm

商品内容

要旨

入門からもう一歩進んで考える。「真である」とはどういうことなのか?実在や価値との関係を考察し、最新の真理論へと見通しよく案内する。

目次

1 真理とは何か
2 客観性
3 真理と価値
4 真理の認識説
5 真理の対応説
6 真理のデフレ理論
7 真理の多元主義理論
8 デフレ主義再訪

出版社・メーカーコメント

私たちはなぜ真理を気にかけるのか.真理はどういう価値があり,それは真理の捉え方とどのように関係しているのか.本書は真理と実在との関係,真理と価値との関係について考察したのちに,現代真理論で最も影響のある対応理論,デフレ主義,多元主義についてポイントを分かりやすく解説する.最新の真理論への見通しのよい入門.

著者紹介

レン,チェイス (レン,チェイス)   Wrenn,Chase
ワシントン大学(セントルイス校)PhD.現在、アラバマ大学准教授。真理論、認識論、心の哲学、認知科学
野上 志学 (ノガミ シガク)  
1990年生。東京大学大学院人文社会系研究科博士課程。日本学術振興会特別研究員(DC2)。哲学
一ノ瀬 正樹 (イチノセ マサキ)  
1957年生。東京大学大学院人文社会系研究科教授を経て、東京大学名誉教授、オックスフォード大学名誉フェロウ、武蔵野大学教授。哲学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)