• 本

渡部昇一歴史への遺言 未来を拓く日本人へ

出版社名 ビジネス社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8284-2139-1
4-8284-2139-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 250P 19cm

商品内容

要旨

日本人が知っておくべきこれだけの真実!

目次

第1章 「重要史書」解読(「リットン報告書」は日本を批判していない
満洲国は日本の傀儡国家ではなかった
東條英機「宣誓供述書」はマッカーサーの証言と一致する)
第2章 日本のこころ(『古事記』は神話と歴史が地続きであることを証明している
「令和」命名者・中西進氏の誤謬
日本文化は自然に感謝する文化である)
第3章 歴史の見方(歴史は「虹」に似ている
朝日人・杉村楚人冠は「朝日」の体質を見抜いていた
国体が変わっても不動だった「天皇」の本質
真の戦闘者・徳富蘇峰)

著者紹介

渡部 昇一 (ワタナベ ショウイチ)  
昭和5(1930)年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。平成29(2017)年4月逝去。逝去後も著作が多数出版されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)