• 本

樹に聴く 香る落葉・操る菌類・変幻自在な樹形

出版社名 築地書館
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8067-1590-0
4-8067-1590-5
税込価格 2,640円
頁数・縦 283P 19cm

商品内容

要旨

手つかずの森にたたずむ老樹と会い、その声に耳を傾けた。長年にわたって北海道・東北の森で暮らし、研究を続けてきた著者が語る、身近な樹木の知られざる生活史。森をつくる樹木は、どのようにして生き延び、種の多様性を生み出しているのか。種子発芽のシグナルや種子散布に見る棲み分けと共存、種ごとに異なる生育環境や菌類との協力、人の暮らしとの関わりまで、日本の森で見られる12種の植物を生育場所で分類し、120点以上の緻密なイラストとともに紹介する。

目次

第1章 川辺に生きる(ケヤキ―欅
サワグルミ―沢胡桃
カツラ―桂
オノエヤナギ―尾上柳)
第2章 老熟した森で暮らす(ブナ―山毛欅
チマキザサ―粽笹)
第3章 林冠の撹乱を待つ(ノリウツギ―糊空木
コブシ―辛夷
キハダ―黄檗
アカシデ―赤四手)
第4章 人里近くで生きる(コナラ
ヤマナシ―山梨)

著者紹介

清和 研二 (セイワ ケンジ)  
1954年山形県櫛引村(現鶴岡市黒川)生まれ。北海道大学農学部卒業。北海道林業試験場で広葉樹の芽生えたばかりの姿に感動して以来、樹の花の咲き方や種子散布の観察を続けている。近年は天然林の多種共存の不思議に魅せられ、戦後開拓の放棄田跡に天然林を模して木々を植えながら暮らしている。現在、東北大学大学院農学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)