• 本

中華の成立 唐代まで

岩波新書 新赤版 1804 シリーズ中国の歴史 1

出版社名 岩波書店
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-00-431804-0
4-00-431804-1
税込価格 924円
頁数・縦 227,17P 18cm

商品内容

要旨

「中国」はどこから来てどこへ行くのか。群雄割拠を繰り返してきたその雄大な歴史を、多元的な視座から描きだす。第一巻では黄河文明が栄えた華北を中心に、先史時代から春秋戦国、秦漢、三国時代などを経て、中華帝国が形成される八世紀半ばの唐代中期までの三千年を扱う。伝統中国の原型がいま明らかになる。

目次

第1章 「中原」の形成―夏殷周三代
第2章 中国の形成―春秋・戦国
第3章 帝国の形成―秦漢帝国
第4章 中国の古典国制―王莽の世紀
第5章 分裂と再統合―魏晋南北朝
第6章 古典国制の再建―隋唐帝国

おすすめコメント

「中国」はどこから来てどこへ行くのか。群雄割拠を繰り返してきた雄大な歴史を、世界史的な視座から全五巻で描きだす画期的な試み。第1巻では黄河文明が展開した華北を中心に、先史時代から秦漢の統一や三国時代などを経て、中華帝国が形成される八世紀半ばの唐代中期までを扱い、伝統中国の原型を明らかにする。

著者紹介

渡辺 信一郎 (ワタナベ シンイチロウ)  
1949年生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。専門は中国古代史、中国楽制史、京都府立大学教授、学長を経て、現在、京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター所長、京都府立大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)