• 本

人口半減社会と戦う 小樽からの挑戦

出版社名 白水社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-560-09729-8
4-560-09729-1
税込価格 2,420円
頁数・縦 266,1P 19cm

商品内容

要旨

人口を増やす産業はあるのか?観光重視は果たしてプラスか?小樽市と小樽商大が組んだ全国自治体調査などから浮かび上がる、新たな「この国のかたち」。図表150点収録。年間2000人の人口減少に直面する小樽市。行政と大学が、所得・市民意識から子育て・マーケティングまで原因と対策を提言する。

目次

座談会 われわれに何ができるのか?前篇
第1章 小樽市の人口の推移とまちの変遷
第2章 小樽市における人口減少と所得の関係―全道事例との比較
第3章 居住満足度と居住地選択―小樽市民・札幌市近郊住民を対象とする事例研究
座談会 われわれに何ができるのか?後編
第4章 子育て環境と定住志向―子育て世帯は何を求めているのか?
第5章 小樽三団体に対するヒアリング調査とその分析
第6章 人口減少時代の自治体におけるマーケティング戦略―全国の市及び東京都二三区を対象としたアンケート調査に基づく実証分析
第7章 教育及び医療・福祉における小樽市と札幌市の比較

おすすめコメント

年間二千人の人口減少に直面する小樽市。行政と大学が、所得・市民意識から子育て・マーケティングまで原因と対策を提言する。