• 本

愛という名の支配

新潮文庫 た−128−1

出版社名 新潮社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-10-101651-1
4-10-101651-8
税込価格 649円
頁数・縦 277P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

どうして私はこんなに生きづらいんだろう。母から、男から、世間から受けてきた抑圧。苦しみから解放されたくて、闘いつづけているうちに、人生の半分が終わっていた。自分がラクになるために、腹の底からしぼりだしたもの―それが“私のフェミニズム”。自らの体験を語り、この社会を覆い尽くしている“構造としての女性差別”を解き明かす。すべての女性に勇気と希望を与える先駆的名著。

目次

第1章 気づいたときからフェミニストだった
第2章 女はドレイになるようにつくられる
第3章 小さく小さく女になあれ
第4章 ペニスなしでどこまで人を愛せるか
第5章 抑圧のファミリー・チェーンをどう断ち切るか
第6章 ただのフェミニズムを求めて

出版社・メーカーコメント

どうして私はこんなに生きづらいんだろう。母から、男から、世間から受けてきた抑圧。苦しみから解放されたくて、闘いつづけているうちに、人生の半分が終わっていた。自分がラクになるために、腹の底からしぼりだしたもの――それが“私のフェミニズム”。自らの体験を語り、この社会を覆い尽くしている“構造としての女性差別”を解き明かす。すべての女性に勇気と希望を与える先駆的名著。

著者紹介

田嶋 陽子 (タジマ ヨウコ)  
1941(昭和16)年、岡山県生まれ、静岡県育ち。満州や母の故郷の新潟で戦時中を過ごす。’69年、津田塾大学大学院博士課程修了。2度イギリスに留学。’76年、法政大学教授。2001(平成13)年、参議院議員。還暦を過ぎてからシャンソンと「書アート」を始め、自分の世界をつくるべく格闘中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)