• 本

令和怪談 澤村有希の怪奇ホリック

竹書房怪談文庫 HO−403

出版社名 竹書房
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8019-2041-5
4-8019-2041-1
税込価格 715円
頁数・縦 222P 15cm

商品内容

要旨

体験者への詳細な聞き込みと現場取材をモットーとする澤村有希の実話怪談。崖で見つけた縄文時代の鏃(やじり)。それを手にした途端、得体の知れぬ衝動が…「笑顔」、鎌倉時代の作と伝わる家宝の茶碗。その不思議な力とは…「茶碗」、家の納戸で発見された明治の西郷札。それを燃やした日から恐ろしき凶事が…「布札」、婿取りで家系を繋いできた女系一族。娘が女児を産むと婿は死に娘の母も死ぬ。母一人娘一人しか残らぬ呪われた血筋の因果とは…「未決」他、古より令和まで、時代に深い爪痕を残してきた強烈な実話全19話!

目次

第1章 江戸期以前〜明治・大正(笑顔
茶碗
追放
紙束
二人
布札)
第2章 昭和〜平成(執着
梅花
山中
山荘
御客
赤椿
救済
泡沫)
第3章 令和(慶祝
写真
越境
未決
殷賑)

著者紹介

澤村 有希 (サワムラ ユキ)  
本来は物書きではなかった…はずだが、「摩楼館シリーズ」がきっかけで何時しかそれが本業に。別名で怪談以外の様々な文章を書いて糊口を凌ぐ日々である。しかしその間も怪奇に魅せられた生活は続いており、別の文章仕事で訪れた各地の体験談を集める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)