• 本

朝海浩一郎日記 付・吉田茂書翰 翻刻

出版社名 千倉書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-8051-1182-6
4-8051-1182-8
税込価格 9,900円
頁数・縦 661P 22cm

商品内容

要旨

終戦処理から駐米大使へ。一人の外交官が見つめ続けた戦後日本の実像。吉田茂元首相からの来信。新発見書翰一〇通を収録。

目次

昭和22(一九四七)年
昭和23(一九四八)年
昭和24(一九四九)年
昭和25(一九五〇)年
昭和26(一九五一)年
昭和27(一九五二)年
昭和28(一九五三)年
昭和29(一九五四)年
昭和30(一九五五)年
昭和31(一九五六)年
昭和31(一九五六)年
昭和32(一九五七)年
昭和33(一九五八)年
昭和34(一九五九)年
昭和35(一九六〇)年
昭和36(一九六一)年
昭和37(一九六二)年
昭和38(一九六三)年
吉田茂書翰(朝海浩一郎宛)
吉田茂書翰解題

著者紹介

河野 康子 (コウノ ヤスコ)  
法政大学名誉教授、外務省外交史料館『日本外交文書』編纂委員。1946年生まれ。津田塾大学学芸学部卒業。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程満期退学。法学博士(東京都立大学)。東京都立大学法学部助手、法政大学法学部教授などを経て2017年より現職。専門は日本政治史、日本政治外交史、日米関係論
村上 友章 (ムラカミ トモアキ)  
流通科学大学経済学部准教授。1974年生まれ。1997年神戸大学法学部卒業。2004年同大学院国際協力研究科博士課程修了。博士(政治学)。立命館大学ポストドクトラルフェロー、三重大学教養教育機構特任准教授などを経て2018年より現職
井上 正也 (イノウエ マサヤ)  
成蹊大学法学部教授。1979年生まれ。2002年神戸大学法学部卒業。2009年同大学院法学研究科博士後期課程修了。博士(政治学)。神戸大学大学院法学研究科専任講師、香川大学法学部准教授、成蹊大学法学部准教授を経て2017年より現職
白鳥 潤一郎 (シラトリ ジュンイチロウ)  
放送大学教養学部准教授。1983年生まれ。2006年慶應義塾大学法学部卒業。2013年同大学院法学研究科政治学専攻後期博士課程修了。博士(法学)。北海道大学大学院法学研究科講師、立教大学法学部助教などを経て2018年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)