• 本

証言新日本プロレス「ジュニア黄金期」の真実

出版社名 宝島社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-8002-9939-0
4-8002-9939-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 249P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ジュニアのレジェンド、30年の激闘と苦悩―獣神、引退!15人のレスラー、関係者が明かす90年代“世界最高峰”リングの舞台裏!

目次

90年代・新日本ジュニア「世界最高峰」の闘いの真実
第1章 “獣神”の素顔を知る男たち(証言 藤原喜明―「ライガーの練習熱心ぶりが、俺の怠け心を正してくれた」
証言 前田日明―「客席で『前田、死ねー!』と叫んでた女が、山田の彼女だった(笑)」
証言 小杉俊二―「生き残るためにライガーと必死に耐えた、しごきとイジメ」 ほか)
第2章 新日本ジュニアを彩った男たち(証言 佐野巧真―「ライガーの“佐野愛”は、こじれた恋愛関係みたいなもんです(笑)」
証言 保永昇男―「ライガーとの決勝戦は、10年以上プロレスをやってきた集大成」
証言 エル・サムライ―「ライガーさんに勝ちたいという思いは、とくになかったですねぇ」 ほか)
第3章 新日本ジュニアに挑んだ男たち(証言 ザ・グレート・サスケ―「90年代ジュニア黄金時代の陰のフィクサーは長州さんだった」
証言 南条隼人―「怖くて金本さんとの試合映像を見ることができないんです」)

おすすめコメント

獣神、引退! “レジェンド”の知られざる素顔と生き様 ジュニアヘビー級というジャンルを長年にわたり牽引してきた獣神サンダー・ライガーが、 2020年1月4日、5日に行われる東京ドーム大会で引退する。 新日本プロレスの若手人気選手だった男が、プロレス界初の東京ドーム大会である 新日本プロレスの『格闘衛星☆闘強導夢』大会でマスクマンに変身、獣神ライガー としてデビュー。以後30年間、平成という時代のすべてでジュニアの象徴として君臨した。 1990年代、“世界最高峰”といわれた新日本ジュニア戦線の舞台裏を、 最大の功労者であるライガーを中心に関係者の証言から紐解いていく。