• 本

現代思想からの動物論 戦争・主権・生政治

出版社名 人文書院
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-409-03105-6
4-409-03105-8
税込価格 3,850円
頁数・縦 404P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

人文学では近年、動物というテーマが盛んに議論され、脱人間中心主義へと向かう現代の思想潮流とも響き合い、ますます熱を帯びたものとなっている。本書はその流れに決定的なインパクトをもたらすだけでなく、あらゆる思想概念に根底的な再考を迫る理論的成果である。フーコー、アガンベン、デリダ、ハラウェイ、スピヴァク、キムリッカなど広範な思想家の理論を通し、「動物」という視角から主権や統治といった概念を批判的再審に付す作業は、現代思想の限界を示すと同時に、新たな可能性をももたらすものとなるだろう。人間と動物との暴力的関係を停止し、存在の新たな関係を構想する、力みなぎる一書。

目次

生け吊り
第1部 生政治(剥き出しの生
統治性)
第2部 征服(免疫
財産と商品)
第3部 私的支配(私有化と格納
伴侶関係)
第4部 主権(潜在能力
愚かさの暴力)
停戦

著者紹介

ワディウェル,ディネシュ・J. (ワディウェル,ディネシュJ.)   Wadiwel,Dinesh Joseph
オーストラリアの人権・社会法学者。市民団体の一員として15年以上にわたり貧困僕滅運動や障害者支援に携わる。2005年、西シドニー大学で博士号を収め、現在、シドニー大学の上級講師。主な研究領域は暴力理論、人種理論、障害者の権利論、批判的動物研究。シドニー大学の人間動物研究ネットワーク(HARN)議長、障害者の権利研究ネットワーク共同議長を務める。論文多数
井上 太一 (イノウエ タイチ)  
翻訳家。日本の動植物倫理・環境倫理を前進させるべく、関連する海外文献の翻訳に従事。訳書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)