• 本

色えんぴつで描く東方イラストテクニック ミニキャラから始めるイラストメイキング

出版社名 ホビージャパン
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-7986-2037-4
4-7986-2037-8
税込価格 2,310円
頁数・縦 143P 26cm

商品内容

要旨

誰もが一度は手にしたことがある色鉛筆で、東方Projectの人気キャラクターたちを描きます。驚くほど美しい発色の色鉛筆で塗っていく「コツやヒント」を、ていねいに解説していきます。主役となる色鉛筆は、油性と水溶性の各12色セットだけ!色鉛筆の基本から個性豊かなテクニックまでを、油性と水溶性の色鉛筆、各12色で教えます(イギリスの老舗ダーウェント社製色鉛筆を使用)。今デジタル時代、アナログ画材は特別なものとして注目されています。

目次

第1章 色鉛筆の基本的な使い方(基本となる12本の色鉛筆
描く姿勢と画材・用具 ほか)
第2章 「重ね塗り」と「グラデ塗り」で塗り絵をしてみよう(博麗霊夢―5色の重ね塗りで描く
ルーミア1―なじみやすい6色のグラデ塗りで描く ほか)
第3章 火神レオ作品は透明感のある重ね塗り(一定の長さを持ったタッチで練習
試し塗りで重ね塗りの実験 ほか)
第4章 キャラの塗り絵を応用して、作品に発展させてみよう(博麗霊夢―こだわりを持って、個々の質感表現!
伊吹萃香―3色混色でできる豊富な色合いに挑戦! ほか)
第5章 ゲスト作家によるカップリングメイキングとワンポイント技法(スカーレット姉妹―まさる.jpが描く『レミリア・スカーレットとフランドール・スカーレット』
依神姉妹―栗栖歳が描く『依神女苑と依神紫苑』 ほか)

おすすめコメント

色鉛筆の人気に匹敵するアナログ画材のコピック。コピック愛好者必携の大ヒット技法書といえば、『コピック絵師たちの東方イラストテクニック』。その著者の粗茶氏による、塗り絵感覚の色鉛筆技法書がついに出来ました。 誰もが一度は手にしたことがある色鉛筆で、東方Projectの人気キャラクターたちを描いてみましょう。頭身の低い「ミニキャラ」を中心に手描きの楽しさを解説します。プロの絵師たちも驚くほどの美しい発色の色鉛筆で、塗っていく「コツやヒント」をていねいに解説します。 主役となる色鉛筆は、油性と水溶性の各12色セットだけ! 色鉛筆のベーシック技法から個性豊かなテクニックまでを、油性色鉛筆と水溶性色鉛筆、各12色で教えます。デジタルのペイントソフトなどでイラストを描くことが当たり前の時代だからこそ、アナログ画材は特別なものとして注目されています。

著者紹介

粗茶 (ソチャ)  
大阪府枚方市出身。フリーのイラストレーターとして2007年より活動。2008年より東方Projectでサークル活動。自サークル以外にも、さまざまな東方Projectのゲームや書籍に寄稿している
角丸 つぶら (カドマル ツブラ)  
東京芸術大学美術学部で油絵を学ぶ。絵画技法の著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)