• 本

ぐるぐる問答 森見登美彦氏対談集

小学館文庫 も24−2

出版社名 小学館
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-09-406707-1
4-09-406707-8
税込価格 770円
頁数・縦 379P 15cm

商品内容

要旨

緊張の人生初対談から憧れの人とのご対面まで。デビューからの十五年間に行われた、現在では入手困難な対談を一挙収録。多彩なジャンルから錚々たる顔触れが集結。さらに、伊坂幸太郎氏、辻村深月氏との対談も新録した、ファン必読の書。

目次

劇団ひとり “笑い”の中にある“救い”
万城目学 対決!三つの公開質問状
瀧波ユカリ 漫画と小説の正しい濃度
柴崎友香 イマドキ古都の楽しみ方
うすた京介 脱「○○作家」の挑戦
綾辻行人 京都に潜む怪しの闇
神山健治1 物語の構造はドリフに学ぶ?
神山健治2 オモチロ成分の考察
上田誠1 言葉が作る現実と非現実
上田誠2 鴨川神話が崩れた日
羽海野チカ ダメダメ人間ほど愛おしい
大江麻理子 森見ワールドのモヤモヤ歩き
萩尾望都 わがままに、好きなように書く
飴村行 一見対極、前世は兄弟?
本上まなみ 四畳半に帰るべし!
綿矢りさ 暴走させない恐怖と笑い
伊坂幸太郎 追いつ追われつやっかみ対談
辻村美月 十五年目の原点回帰
小説 今昔対談
カメントツの「漫画ならず道」番外編

著者紹介

森見 登美彦 (モリミ トミヒコ)  
1979年奈良県生まれ。京都大学農学部卒業、同大学院修士課程修了。2003年「太陽の塔」で第一五回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。07年『夜は短し歩けよ乙女』で第二〇回山本周五郎賞を受賞。10年『ペンギン・ハイウェイ』で第三一回日本SF大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)