• 本

純文学という思想

出版社名 花鳥社
出版年月 2019年9月
ISBNコード 978-4-909832-10-8
4-909832-10-6
税込価格 4,950円
頁数・縦 271,6P 22cm

商品内容

要旨

私小説の時代は終わったが、我々は我々自身の生を否定するところまでは行っていない。生とは何か、ということを追求せずに、純文学を否定してよいのか。純文学の作家たちは、徹底して「生」について考えた。生は自らの内にあり、内部生命は何ものにも従属してはならず、その先に他との出会いがある。純文学とは何か。北村透谷・志賀直哉・高見順たちが繋いできたもの。

目次

序(純文学とは何か
「純文学」言説の歩み
指標としての高見順)
第1章 文学の独立(文士
文学の独立)
第2章 私小説の意味(「私」をめぐって
私小説の意味)
第3章 純文学とその先(純文学―自我の拡充としての文学
内なる歴史と純文学)

著者紹介

小林 敦子 (コバヤシ アツコ)  
1978年、北海道生まれ。京都大学博士後期課程修了。現在、就実大学人文科学部表現文化学科准教授。博士(文学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)