• 本

黄金列車

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-04-108631-5
4-04-108631-0
税込価格 1,980円
頁数・縦 333P 20cm

商品内容

文学賞情報

2020年 第10回 Twitter文学賞受賞

要旨

第二次世界大戦末期。ハンガリー大蔵省の役人のバログは、敵軍迫る首都から国有財産の退避を命じられ、ユダヤ人の没収財産を積んだ「黄金列車」の運行に携わることになる。混乱に乗じて財宝を狙う有象無象を相手に、文官の論理と交渉術で渡り合っていくバログ。過酷な日々の中、胸に去来するのはかつて青春を共にしたユダヤ人の友人、そして妻との出会いだった。輝くような思い出と、徐々に迫ってくる戦争の影。ヨーロッパを疾駆する列車のなか、現在と過去を行き来しながらバログはある決意を固める―。

おすすめコメント

戦場を駆ける黄金列車の行方は?大人達の戦いを描く佐藤亜紀の新たな傑作。ハンガリー王国大蔵省の職員・バログは、現場の担当としてユダヤ人の資産を保護・退避させるべく「黄金列車」に乗り込む。財宝を狙って近づいてくる悪党たちを相手に、文官の論理と交渉術で渡り合っていくが――。

著者紹介

佐藤 亜紀 (サトウ アキ)  
1962年、新潟県生まれ。91年『バルタザールの遍歴』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞し、デビュー。2003年『天使』で芸術選奨新人賞を、08年『ミノタウロス』で吉川英治文学新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)