• 本

朝鮮通信使の真実 江戸から現代まで続く侮日・反日の原点

WAC BUNKO B−313

出版社名 ワック
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-89831-813-3
4-89831-813-4
税込価格 990円
頁数・縦 195P 18cm

商品内容

要旨

江戸時代にやってきた、事実上の朝貢を強いられた朝鮮通信使たち。彼らの残した「侮日・反日」の罵詈雑言の数々を読み解くことにより、400年以上続く、歪な「反日コンプレックス」の歴史を知ることができる。本書の結論は、まさに「あの国と関わるな!」ということである。

目次

第1章 朝鮮通信使は事実上の朝貢使節だった(十二回にわたる朝鮮通信使派遣の概要と一つの疑問
なぜ日本から朝鮮に「通信使」を派遣しなかったのか
通信使の派遣を熱望したのは朝鮮の方だ ほか)
第2章 朝鮮知識人の哀れな「精神的勝利法」(日本の豊かさと文明度の高さに圧倒された通信使たち
二人の通信使が目を見張った日本の絢爛と華麗
日本の技術に感心し本国に持ち帰る通信使 ほか)
第3章 「日本コンプレックス」の塊だった通信使たち(申維翰『海游録』の悪意の日本口撃
日本人に対する人種差別的侮辱
弄ばれる日本人の誠実さと純粋さ ほか)

著者紹介

石 平 (セキ ヘイ)  
評論家。1962年、中国四川省成都生まれ。北京大学哲学部卒業。四川大学哲学部講師を経て、1988年に来日。1995年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。民間研究機関に勤務ののち、評論活動へ。2007年、日本に帰化する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)