• 本

葛藤する刑事たち 警察小説アンソロジー

朝日文庫 む15−1

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-02-264938-6
4-02-264938-0
税込価格 880円
頁数・縦 414P 15cm

商品内容

要旨

銀行強盗の訓練で起きた出来事の顛末(「共犯者」)。殺人犯が改心した理由とは?(「手紙」)。数多ある警察小説を黎明期から覚醒期まで3期に分け、各時代の名手による傑作短編を厳選したアンソロジー。信念を貫きながら組織で揺れ動く等身大の刑事の姿が、多彩に浮かび上がる。

おすすめコメント

黎明/発展/革新の3部構成で各時代に輝く傑作を選び抜き収録。警察小説史に残る作家を網羅したファン必読の一冊。組織での事件捜査を描く王道から、女刑事が主人公の作品、非番の一場面を描くものまで、広く警察の魅力と個の抱える葛藤をたっぷり味わえる。

著者紹介

村上 貴史 (ムラカミ タカシ)  
1964年東京都生まれ。書評家。慶應義塾大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)