• 本

日本のカモメ識別図鑑 決定版 見分けるポイントが良くわかる

出版社名 誠文堂新光社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-416-51852-6
4-416-51852-8
税込価格 3,960円
頁数・縦 339P 21cm

商品内容

要旨

日本国内で記録がある、または観察例のあるカモメ類26種(37の種および亜種)を大型カモメ、小型・中型カモメ類に分けて紹介。さらに今後渡来の可能性があると思われるオグロカモメ、アメリカオオセグロカモメ、オオカモメ、ニシセグロカモメ亜種fuscus、ヨーロッパセグロカモメ亜種argentatus(4種および1亜種)を加えた30種を掲載した。初心者にも使いやすい識別に役立つIndexを巻頭に掲載し、全ての種の成鳥と幼鳥の静止および飛翔イラストの一覧と簡単な解説によって大まかな目星が付けられ、その後各種のページへ進むと詳しい識別のノウハウを学べる構成とした。部位の名称、年齢や換羽の見方、カモメ類の見分け方と注意点など、カモメ類識別に役立つ情報を満載している。

目次

大型カモメ
小型・中型カモメ

著者紹介

氏原 巨雄 (ウジハラ オサオ)  
1949年、高知県高知市生まれ。日本画の勉強の過程で鳥に興味を抱き、次第に鳥の観察に傾倒していく。鳥を主な題材とした絵画展を12回開催。1987年『鳥630図鑑』(日本鳥類保護連盟)のチドリ目などのイラストを担当、鳥類画家としてイラスト執筆を始める
氏原 道昭 (ウジハラ ミチアキ)  
1971年、高知県高知市生まれ。小学校低学年より野鳥観察とスケッチを始め、とりわけシギ・チドリ、カモ、カモメを中心とする水鳥類の識別に打ち込む。東京都立芸術高等学校油画科を卒業後、鳥類画家として個展開催などの活動を経て、父、巨雄との共著で『日本のカモ識別図鑑』(誠文堂新光社)、『カモメ識別ハンドブック』『シギ・チドリ類ハンドブック』(文一総合出版)のイラストと解説を手掛ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)