• 本

ブレない心をつくる「般若心経」の悟り 迷い、悩みを一掃する262文字の驚異の力

詩想社新書 31

出版社名 詩想社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-908170-25-6
4-908170-25-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 250P 18cm

商品内容

要旨

日本人にとって、もっとも一般的な「お経」が『般若心経』だ。いまでも葬式、法要の場はもちろん、神社仏閣で神仏を前にして唱える人もいる。弥生時代にインドで作られたと思われる『般若心経』が、いまだに人々に親しまれているという国は日本だけである。なぜ、日本人は、これほどまでに『般若心経』に引かれるのか。その魅力を解き明かし、悩み、迷いにとらわれがちな私たちの心と、いかに向き合っていくかのヒントを得る。

目次

第1章 日本人が魅せられた「色即是空」の境地
第2章 キーワードで読み解く『般若心経』の教え
第3章 現代語に訳すと見えてくる「悟りの世界」
第4章 ままならない「自分の心」とどう向き合うか
第5章 『般若心経』からたどる仏教の歴史
第6章 『般若心経』を知れば日本仏教がよく分かる

著者紹介

島田 裕巳 (シマダ ヒロミ)  
宗教学者、作家。東京大学文学部卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程修了(専攻は宗教学)。放送教育開発センター助教授、日本女子大学教授、東京大学先端科学技術研究センター特任研究員、同客員研究員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)