• 本

特捜部Q 〔7−2〕

自撮りする女たち 下

ハヤカワ・ミステリ文庫 HM 385−14

出版社名 早川書房
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-15-179464-3
4-15-179464-6
税込価格 946円
頁数・縦 349P 16cm
シリーズ名 特捜部Q

商品内容

要旨

福祉大国デンマークで社会制度の甘い汁を吸う女たち。あの手この手で補助金を不正受給する彼女らへの憎悪が限界に達したソーシャルワーカーのアネリは、轢き逃げ計画を実行する。一方、新旧双方の事件の関連性を捜査するQのカールとアサドのコンビだが、とうとう失踪してしまったローセのことも放ってはおけず…。同時進行するバラバラの事件にQはどう立ち向かうのか?北欧警察小説シリーズの最高峰。

著者紹介

エーズラ・オールスン,ユッシ (エーズラオールスン,ユッシ)   Adler‐Olsen,Jussi
1950年、コペンハーゲン生まれ。10代後半から薬学や映画製作などを学び、出版業界などで働く。1985年からはコミックやコメディの研究書を執筆。その後フィクションに転じ、シリーズ第1作『特捜部Q―檻の中の女―』(2007年)がベストセラーとなった。シリーズ第3作『特捜部Q―Pからのメッセージ―』(2009年)で北欧ミステリ賞の最高峰である「ガラスの鍵」賞、シリーズ第4作『特捜部Q―カルテ番号64―』(2010年)はデンマークの文学賞「金の月桂樹」賞を受賞した
吉田 奈保子 (ヨシダ ナホコ)  
1974年生、立教大学文学部ドイツ文学科卒、ドイツ文学翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)