• 本

濡れた花は夜のなごり

イースト・プレス悦文庫 は2−11

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-7816-1832-6
4-7816-1832-4
税込価格 792円
頁数・縦 285P 15cm

商品内容

要旨

敬史郎は支店を立て直すため旭川に単身赴任をしている。妻からは離婚を切り出され、支店の業績もあがらず鬱々とした日々を送っていた。そんなある日、会社の親睦会で支店長の家を訪れることに。出迎えてくれたのは支店長の妻・朝香。彼女はかつて秘書課にいたマドンナで敬史郎も憧れていた。親睦会中、夫に叱責されキッチンでむせび泣く朝香を見て、背後からさりげなく声をかけると、彼女は濡れた瞳で振り返った。昂る気持ちを抑えられずに激情のまま抱きしめ、いきなり唇を重ね…。

著者紹介

葉月 奏太 (ハズキ ソウタ)  
1969年、神奈川県横浜市生まれ。サラリーマン生活を経て、2011年に『蜜会 濡れる未亡人』(竹書房ラブロマン文庫)で長編官能デビュー。14年『二階堂家の兄嫁』(双葉文庫)で「21世紀最強の官能小説大賞」優秀賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)