• 本

観光ブランドの教科書 地域引力を生み出す

出版社名 日本経済新聞出版社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-532-32307-3
4-532-32307-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 254P 19cm

商品内容

要旨

「誘致・誘客」から「引力ある地域の創造」へ。「量の観光」から「質の観光」へ。インバウンド一辺倒でなく、日本人客重視を―。持続可能な観光への条件を明らかにする。

目次

はじめに―引力ある地域をつくろう
誘致・誘客からマーケティングへ
観光のブランドづくりとは何か
どうすれば、強いブランドが生まれるのか
イメージが浮かばなければ、選ばれない
「ブランド」と「地名」は何が違うのか
地域に「尖り」はあるか
何かで、一番になろう
強いブランドには、「シンボル」がある
「引き算」で、引力を生み出そう
「食」がブランドを強くする
ブランドづくりの6ステップ
観光立国は「幸せな国」か
「量の観光」から「質の観光」へ
「質の観光」「持続可能な観光」をどう実現するか

著者紹介

岩崎 邦彦 (イワサキ クニヒコ)  
1964年生まれ。静岡県立大学経営情報学部教授・学長補佐・地域経営研究センター長。上智大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科博士後期課程単位取得。国民金融公庫、東京都庁、長崎大学経済学部助教授など経て現職。専攻は、マーケティング。とくに、地域に関するマーケティング問題を主な研究テーマとしている。これらの業績により、日本地域学会賞奨励賞、世界緑茶協会O‐CHAパイオニア学術研究大賞、財団法人商工総合研究所中小企業研究奨励賞などを受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)