• 本

プロが読み解く増改築の法規入門 法改正にも対応Q&Aをさらに充実

増補改訂版

出版社名 日経BP
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-296-10443-7
4-296-10443-8
税込価格 4,400円
頁数・縦 248P 26cm
シリーズ名 プロが読み解く増改築の法規入門

商品内容

要旨

増改築でいかに魅力的な提案ができるか―。その前提となるのが法の知識だ。「可否の分かれ目」が想像できないと、提案の幅が広がらない。15の実例分析と、確認検査員による55のQ&Aによって、ストック活用時代の企画力・設計力を高めよう。ビューローベリタスジャパンの検査員が法解説。著名建築家やリノベ巧者のノウハウを解剖。近年の法改正にも対応。

目次

実例編 法解釈を読む先駆的実例15(建築確認あり(テラス沼田(群馬県沼田市)(設計:プランツアソシエイツ)大胆減築で商業を公共に転用
兵庫県立美術館Ando Gallery(神戸市)(設計:安藤忠雄建築研究所)免震の余力を生かして新展示室
宿毛まちのえき林邸(高知県宿毛市)(設計:ナスカ)建基法以前の古民家を交流施設に ほか)
建築確認なし(紀尾井町パークビル耐震改修(東京都千代田区)(設計:プランテック総合計画事務所)増築扱いにならない外周補強で工事費減
武庫川女子大学文学2号館改修(兵庫県西宮市)(設計:竹中工務店)木造耐震壁を躯体に「接着」
若鶴大正蔵(富山県礪波市)(設計:蜂谷俊雄+金沢計画研究所)あえて確認不要を選択し木の架構を残す ほか))
質疑編 確認検査員が指南、Q&A55(建築確認
既存不適格
用途変更 ほか)

おすすめコメント

“リノベのバイブル”増補改訂版。15の実例分析と、確認検査員による55のQ&Aでストック活用の企画力・設計力をアップ。