• 本

現代世界経済 馬場経済学の射程

出版社名 御茶の水書房
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-275-02113-7
4-275-02113-4
税込価格 7,040円
頁数・縦 334P 22cm

商品内容

目次

序章 グローバル資本主義段階(世界経済の歴史的展開過程
現代資本主義をめぐる諸言説 ほか)
第1章 馬場理論の形成と展開、深化・逍遙(馬場理論の形成:宇野三段階論と大内国家独占資本主義論の統合―崩壊期資本主義の証明
馬場理論の展開:富裕化・会社主義・新資本主義論 ほか)
第2章 世界経済論と段階論―馬場段階論の検討(馬場段階論の成立とその背景
馬場段階論の含意)
第3章 アメリカ資本主義の歴史的特質―馬場のアメリカ資本主義論(出発点としての1960年
「アメリカ型生産力」と現代資本主義論 ほか)
第4章 社会編成論としての馬場の現代資本主義論―「外囲」、「周辺」、「外部性」を中心に(主要著作にみる馬場の現代資本主義論の分析視点―「外囲」、「周辺」、「外部性」を中心に
残されている若干の論点、課題 ほか)

著者紹介

小澤 健二 (オザワ ケンジ)  
1941年生まれ。1971年東京大学経済学研究科博士課程修了。1990年経済学博士(東京大学)。現在、日本農業研究所客員研究員、新潟大学名誉教授
小林 襄治 (コバヤシ ジョウジ)  
1942年生まれ。1973年東京大学大学院経済学研究科博士課程修了。元、日本証券経済研究所研究員、青山学院大学・専修大学教授
工藤 章 (クドウ アキラ)  
1946年生まれ。1975年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学名誉教授
鈴木 直次 (スズキ ナオツグ)  
1947年生まれ。1976年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。1992年博士(経済学)(東京大学)。現在、専修大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)