• 本

タテ社会と現代日本

講談社現代新書 2548

出版社名 講談社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-06-288430-3
4-06-288430-5
税込価格 880円
頁数・縦 192P 18cm

商品内容

要旨

終身雇用制が崩れても、先輩・後輩の関係はなぜ変わらないのか?『タテ社会の人間関係』から50年超、著者がいま感じることとは?現代社会と向かい合うための、「タテ社会」入門書!

目次

プロローグ 日本の先輩・後輩関係
第1章 タテの関係とは?
第2章 タテ社会と「いま」
第3章 「タテ」の発見
第4章 これからのタテ社会
エピローグ 場は一つとは限らない
附録 日本的社会構造の発見

おすすめコメント

長時間労働、天下り、そして女性活躍社会――。名著『タテ社会の人間関係』の著者が、現代日本を読み解き、これからを展望する一冊。

著者紹介

中根 千枝 (ナカネ チエ)  
1926年、東京生まれ。東京大学文学部東洋史学科卒業、同大学大学院修了。のち、ロンドン大学で社会人類学を専攻。研究対象は、インド・チベット・日本の社会組織。東京大学東洋文化研究所教授、同所長等を経て、東京大学名誉教授。日本学士院会員。2001年文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)