• 本

利己的遺伝子の小革命 1970−90年代日本生態学事情

出版社名 八坂書房
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-89694-174-6
4-89694-174-8
税込価格 3,850円
頁数・縦 278P 22cm

商品内容

要旨

日本の生態学は進化論とどのように向き合ってきたのだろうか?20世紀後半、「利己的遺伝子」の比喩を掲げ、進化生態学の新パラダイムが形成された。ドーキンス『利己的な遺伝子』の訳者の一人である著者が、同時代に綴った論文を集成し、この小革命への日本の生態学の開国と適応の歴史を振り返る。

目次

1 社会生物学上陸(社会生物学の系譜
自分勝手な遺伝子?? ほか)
2 今西進化論退場へ(今西進化論とダーウィン進化論
今西進化論現象を読む ほか)
3 ひとつの総括(現代日本の生態学における進化理解の転換史)
4 ブックガイド(ナチュラル・ヒストリーと現代進化論
自然ブックガイドベスト10)
5 進化生態学の方法(集団生物学の適応論と遺伝学
卵の大きさはいかに決まるか ほか)

著者紹介

岸 由二 (キシ ユウジ)  
慶應義塾大学名誉教授。理学博士。1947年生まれ。1966年横浜市市立大学生物科卒業。1976年東京都立大学理学研究科博士課程単位取得退学。同年、慶應義塾大学生物学教室助手、1981年助教授、1991年教授を経て、2013年定年退職。進化生態学を専攻するとともに、鶴見川流域・三浦半島小網代等を持ち場として、“流域思考”にもとづく防災・多自然都市創出のための理論ならびに実践活動を推進中。国土交通省河川分科会委員、鶴見川流域水委員会委員ほか、国・自治体の各種行政委員を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)