• 本

日本の戦後を知るための12人 池上彰の〈夜間授業〉

出版社名 文藝春秋
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-16-391061-1
4-16-391061-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 269P 19cm

商品内容

要旨

「戦後日本」に対峙し、変革をもたらした型破りな12人の“功罪”で学ぶ現代史講義。

目次

第1回 田中角栄―今、見直される理由
第2回 江副浩正―情報社会の開拓者
第3回 小泉純一郎―断言する“変人”政治家
第4回 中内〓―価格破壊の風雲児
第5回 渡邉恒雄―読売帝国の支配者
第6回 堤清二―詩人経営者の血脈
第7回 村上世彰と堀江貴文―金儲け至上主義と国策捜査
第8回 石原慎太郎―暴言と思いつきの長期都政
第9回 池田大作と創価学会―政教分離と自公連立
第10回 上皇陛下と上皇后・美智子さま―象徴天皇としての試行錯誤

著者紹介

池上 彰 (イケガミ アキラ)  
1950年、長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、73年にNHK入局。報道記者やキャスターを歴任する。94年から11年間「週刊こどもニュース」でお父さん役をつとめ、わかりやすい解説が話題に。2005年、NHK退職。以後、フリージャーナリストとして幅広く活躍中。東京工業大学リベラルアーツセンター教授を経て、16年4月より名城大学教授、東京工業大学特命教授。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)