• 本

稼ぐ話術「すぐできる」コツ

出版社名 三笠書房
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-8379-2809-6
4-8379-2809-9
税込価格 1,540円
頁数・縦 234P 19cm

商品内容

要旨

「稼ぐ話術」には、人を動かし、仕事を動かし、組織を動かし、そしてお金を動かす―共通のコツがあるのです。その「すぐできるコツ」を真似れば、誰でも稼ぐ人になれる可能性があります。

目次

はじめに 稼ぐ人は「二者択一で話す」
1章 「稼ぐ人の話し方」基本―まず「結論から話す」(稼ぐ人は、「数字を使って話す」
稼ぐ人は、「結論から話す」
稼ぐ人は、「2W1Hで話す」から、ムダがない
稼ぐ人は、相手を「説得」しない。「納得」させる)
2章 「相手のメリット」「気遣い」「こだわり」…稼ぐ人が必ず話していること(稼ぐ人は、「相手のメリット」を相手に伝える
稼ぐ人は、気遣いを「ひと言にする」
稼ぐ人は、「相手のこだわり」を探す
稼ぐ人は、熱意を「数字で見せる」)
3章 稼ぐ会議、ムダ会議、「人数」と「時間」が違う(稼ぐ人は、「6人以上の会議」を開かない
稼ぐ人は、「1会議・1テーマ」に絞る)
4章 「稼ぐ言葉」で自分を上手にアピールする(稼ぐ人は、「主語」を上手に使う
稼ぐ人は、「場の空気」を壊して、流れを変える
稼ぐ人は、「刺さる言葉」で自分を印象づける
稼ぐ人は、自己紹介を「2つ用意している」)
5章 仕事は「この雑談」で、意外な差がつく(稼ぐ人は、「雑談」でも稼ぐ
稼ぐ人は、「本」を稼ぎのツールにする
稼ぐ人は、なぜ「おいしいお店」に興味津々なのか
稼ぐ人は、「笑顔」だけでなく「笑声」も意識する
稼ぐ人は、あえて「失敗談を話す」)

おすすめコメント

稼ぐ人には「共通の話し方」がある。「二者択一で話す」「主語を上手に使う」「気遣いをひと言にする」等々「すぐできるコツ」満載!

著者紹介

金川 顕教 (カナガワ アキノリ)  
公認会計士、起業コンサルタント。1986年三重県生まれ。立命館大学卒業。大学在学中に公認会計士試験に合格。卒業後は、世界一の会計事務所である有限責任監査法人トーマツに就職し、東証一部上場企業からスタートアップ企業、学校法人など様々な業種・業態の会計監査、内部統制監査に従事。安定した生活を保証されていたが、2013年に満を持して独立。不動産、保険代理店、広告代理店、教育事業など、様々なビジネスのプロデュースに携わり、300社を起業、300人の「稼ぐ経営者」を育て上げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)