• 本

リハビリテーションのためのピラティス 運動器障害からの回復と機能の適正化

出版社名 ナップ
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-905168-61-4
4-905168-61-9
税込価格 4,620円
頁数・縦 273P 26cm

商品内容

目次

第1部 ピラティスについての議論(リハビリテーションのためのピラティスの科学的背景
ピラティスの指導原理
ピラティスのリハビリテーションへの統合
効果的な実践のために必要な方法論と機器)
第2部 エクササイズ(マット・エクササイズ
リフォーマー・エクササイズ
キャデラック・エクササイズ
ワンダチェアー・エクササイズ)
第3部 よくみられる外傷・障害・病変に対するピラティスエクササイズ(頸椎と胸椎
腰椎
肩関節
股関節
膝関節
足部と足関節)

著者紹介

Wood,Samantha (WOOD,SAMANTHA)   Wood,Samantha
MPT,MBA,PMA‐CPT,RYT。理学療法士、Pilates Method Alliance認定ピラティスインストラクター、Yoga Alliance認定インストラクター、BASI Pilates講師。米国カリフォルニア州Pacific Palisadeに所有するCypress Centerで、ピラティスと理学療法を統合した治療を行っている。専門はピラティスを基本としたリハビリテーション、ヨガセラピー、整形外科理学療法、スポーツ理学療法、ファンクショナルリハビリテーション。1991年にUniversity of Southern California(USC)で運動科学の学士号を取得。学生時代から学生トレーナーとしてあらゆる競技のスポーツ選手にかかわるが、特にバレーボール、アメリカンフットボール、陸上競技を専門とする。卒業後はフィットネスインストラクターとしてGolden Door Spaに勤務。2年後、Western University of Health Sciencesから理学療法学修士号を、USCから経営学修士号を取得。アリゾナ州のHealthSouthでは、理学療法士として、Phoenix Suns、Phoenix Coyotes、Phoenix Mercury、and Arizona Rattlersなどのチームのために働く。2001年、Real Isacowitzのもとでピラティスの勉強を始め、Isacowitzによる上級コースを数多く受講した後、BASIピラティスでインストラクターを対象とした「Pilates for Injuries and Pathologies(外傷・障害と病変のためのピラティス)」、リハビリテーション専門職を対象とした「Pilates:Integration Into Therapeutic Practice(ピラティスの治療への統合)」の2つのコースを創設。これらのコースで講師を務めるほか、2010年以降、世界中の理学療法関係の会議でワークショップや講義を行っている
中村 尚人 (ナカムラ ナオト)  
株式会社P3代表取締役、一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会代表理事、予防運動アドバイザー、理学療法士、ピラティスインストラクター、ヨガインストラクター。ファンクショナルローラーピラティス、エボリューションウォーキング考案者。1999年理学療法士免許取得。学校法人東京慈恵会医科大学附属第三病院、同柏病院、社団法人永生会永生クリニック、老人保健施設マイウェイ四谷勤務を経て、2011年東京都八王子市にstudio「TAKT EIGHT」設立。ピラティス第1世代、ロリータ・サンミゲルワークショップへ参加。2012年株式会社P3設立。2014年一般社団法人日本ヘルスファウンデーション協会設立
小山 貴之 (コヤマ タカユキ)  
日本大学文理学部体育学科准教授、博士(理学療法学)、理学療法士、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー、日本大学アメリカンフットボール部フェニックストレーナー。1999年東京都立医療技術短期大学理学療法学科卒業、駿河台日本大学病院理学療法室勤務。2006年東京都立保健科学大学大学院保健科学研究科修士課程修了。2009年首都大学東京大学院人間健康科学研究科博士後期課程修了。2010年日本大学文理学部体育学科専任講師。2014年、日本大学文理学部体育学科准教授。2015年Dept.of Kinesiology and Nutrition Sciences、University of Nevada、Las Vegas客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)