• 本

菓子屋シノノメの焼き菓子 甘すぎないから、毎日食べたくなる

出版社名 家の光協会
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-259-56634-0
4-259-56634-2
税込価格 1,760円
頁数・縦 95P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

独自の世界観が話題の東京・蔵前の人気店、はじめてのレシピ集。素朴であたたかいお菓子作りのコツを、しっかり、丁寧に解説。家庭でも“あの味”が再現できる。全38レシピと読み物も充実。

目次

ウーロン茶マドレーヌ
メープルマドレーヌ
ごまマドレーヌ
メープルクッキー
レモンミントクッキー
クランベリーのショートブレッド
紅茶クッキー
ピーナッツチョコクッキー
シナモンくるみクッキー
ショコラクッキー〔ほか〕

おすすめコメント

東京下町エリアのお洒落スポットとして注目されている台東区・蔵前で話題の焼き菓子店「菓子屋シノノメ」の初めてのレシピ集。ウーロン茶マドレーヌ、紅茶クッキー、ジャスミンパウンドケーキ、ほうじ茶スコーンなど、お店でしか味わえない人気の焼き菓子レシピが満載。バターの練り具合や粉を入れるタイミングなど、細かいコツとポイントが写真と文章でていねいに説明されているので、家庭でもおいしく作ることができます。見た目もかわいいので、ちょっとした贈り物にも最適です!

著者紹介

毛 宣惠 (マオ シュエンホェイ)  
台湾出身。高校卒業後来日。2015年友人とともに町づくりの会社を立ち上げる。同年の8月にカフェ「from afar 倉庫01」をオープンし、ケーキと焼き菓子の研究と製作を始める。その後、2017年11月に「菓子屋シノノメ」、2018年10月に「喫茶半月」をオープン。“毎日食べられるお菓子”をコンセプトに、旬の素材を取り入れつつ商品開発を行っている。他に近隣に生活用品店「道具屋nobori」、紅茶とお菓子の店「茶室 小雨」を経営しつつ、日々お菓子のことを考えて暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)