• 本

判例から学ぶ消費者法

第3版

出版社名 民事法研究会
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-86556-321-4
4-86556-321-0
税込価格 3,080円
頁数・縦 293P 21cm
シリーズ名 判例から学ぶ消費者法

商品内容

要旨

約款および集団的消費者被害回復制度について新たに章を設け、民法(債権関係)、消費者契約法、特定商取引法等の改正、消費者裁判手続特例法の立法から最新の重要判例も織り込んで改訂!

目次

消費者問題総論
民法と消費者法
消費者契約法(1)―不当勧誘規制
消費者契約法(2)―不当条項規制
消費者団体訴訟制度
集団的消費者被害回復制度
約款と民法、消費者法
特定商取引法(1)―訪問販売、クーリング・オフ
特定商取引法(2)―継続的役務
特定商取引法(3)―マルチ商法とネズミ講
割賦販売法(1)―平成20年改正法とクレジット取引
割賦販売法(2)―クレジットカードの不正使用
多重債務と消費者
金融商品取引と消費者
保険と消費者
製造物責任と消費者
欠陥住宅と消費者
独占禁止法・景品表示法と消費者
情報化社会と消費者
宗教被害と消費者
医療サービスと消費者

著者紹介

島川 勝 (シマカワ マサル)  
弁護士(大阪弁護士会)。昭和43年大阪市立大学法学部卒、同47年大阪弁護士会登録。平成4年大阪地方裁判所判事、同堺支部、奈良地方裁判所判事。平成15年大阪市立大学大学院法学研究科教授、同特任教授を経て現職。NPO法人消費者支援機構関西理事。金子・中・橋本法律特許法律事務所
坂東 俊矢 (バンドウ トシヤ)  
京都産業大学教授・弁護士(大阪弁護士会)。立命館大学法学部卒業。龍谷大学大学院法学研究科修了。現在、京都産業大学大学院法務研究科教授。弁護士。京都府消費生活審議会委員長代理。国民生活審議会の委員として、消費者団体訴訟制度の創設に関与。片山・平泉法律事務所(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)