• 本

紫紺の誇り 明大ラグビー部に受け継がれる北島イズム

出版社名 ベースボール・マガジン社
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-583-11236-7
4-583-11236-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 231P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

序章 北島忠治が遺したかったもの―勝つためだけのラグビーはやらない
第1章 Exceedから真価へ―乗り越え続けるために
第2章 美しい地獄―ルビコンを渡った男たち
第3章 暁のペガサス―明大ラグビー部の創世期
第4章 陰たちの誇り―ある無名選手の八幡山
第5章 アナザーストーリーズ―楕円に宿る人間模様
終章 こぶしの花―北島忠治の原点を求めて

おすすめコメント

激しく、静かに北島イズムを受け継ぎ、遂に復活ののろしを上げた明大ラグビー部の軌跡。「明大ラグビー部にとって勝敗は二義的なもの。本当の目的は、自分たちのラグビーができたかどうか。たとえ負けても、自分のプレーに自身をもって敗れたなら胸を張れ」。 かつてそう語ったのは名将・北島忠治。御大の没後22年の時を経て、復活の狼煙を上げた明大ラグビー部の軌跡を改めて振り返る。 八幡山での孤独の8000日、地面ばかりをみていた80万回のスクラム練習・・・ 2019年1月12日、天理大との大学選手権決勝――、最後の天理の攻撃、1分37秒に22年間の空白が凝縮されていた。密閉され、出口の無い時間は膨張を重ねた。 希望なき絶望の日々が沸点で炸裂したようなノーサイドの笛だった。

著者紹介

安藤 貴樹 (アンドウ タカキ)  
スポーツライター。医療ジャーナリスト。1959年生まれ。東京都出身。愛知県立知立高校、米国イリノイ州立大学シカゴ校(中退)、明治大学卒業。東京中日スポーツ、デイリースポーツ、日刊ゲンダイの運動部記者として執筆活動に携わる。米国ニューヨークにて日本クリニックのマーケティングディレクター、中国広州にてクリフォード病院の国際部部長を経て現在に至る。スポーツはラグビー、野球、ゴルフ、医療は臓器移植、難病の民間治療等が専門(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)