• 本

記憶屋 0

角川ホラー文庫 お7−5

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-04-108737-4
4-04-108737-6
税込価格 638円
頁数・縦 224P 15cm
シリーズ名 記憶屋

商品内容

要旨

つらい記憶を消してくれる都市伝説の怪人「記憶屋」。それに頼ることを選んだ彼らはどんな想いを胸に抱えていたのか―。弁護士の高原は、過去の交通事故の記憶に苦しむ依頼人・美月と出会う。支え合って生きてきた恋人との未来のために、美月は真剣に記憶屋を探していた。その実在に半信半疑でいた高原だったが、自身も病院である宣告を受けてしまい…。泣けるほど切ない「記憶」をめぐる物語、待望のスピンオフ作品集!

おすすめコメント

実写映画化決定! 大ヒット作『記憶屋』の前日譚を描くスピンオフ短編集!つらくて忘れたい記憶を消してくれるという都市伝説の怪人・記憶屋。記憶屋に会いたいと願った人々は、あの時どんな想いを胸に秘めていたのか――? 切ない涙があふれだす、珠玉の3篇!

著者紹介

織守 きょうや (オリガミ キョウヤ)  
1980年イギリス・ロンドン生まれ。2013年、第14回講談社BOX新人賞Powersを受賞した『霊感検定』でデビュー。15年「記憶屋」(受賞時ペンネーム京谷)で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。現在弁護士として働く傍ら小説を執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)